ひとりしごと専門・相続税申告(スポット相談可)愛知県大府市に在住

減価償却費と借入金元本の関係を知っておこう。

  
\ この記事を共有 /
減価償却費と借入金元本の関係を知っておこう。

車は減価償却する

 

車は買ったときに経費になりません。

税金のルールで決められた耐用年数で毎年少しずつ経費にします。

 

たとえば、300万円の車(耐用年数6年)を買った場合には、定額法なら毎年50万円ずつ経費にしていきます。(最後は1円だけ残る)

年の途中で買った場合には、月割計算します。

 

車を買ったときのお金と経費の動き

 

車を買った場合、毎年少しずつ経費にするわけですが、お金は買ったときにでていきます。

300万円の車を買った場合、1年目はお金が300万円出ていきます。

でも、経費になる減価償却費は50万円。(年初に買ったと仮定)

 

2年目以降は出ていくお金はゼロ。

減価償却費は50万円ずつ。

 

お金と経費の動きは違うわけです。

減価償却費が経費になるけどお金が出ていかないといわれるのは、この2年目以降の動きをざっくり言い表したものです。

 

借入金の返済元本の動き

 

もし車をローンで買った場合には、毎年返済もしていきます。

 

ここで減価償却費と相反する動きをするのが、借入金の返済元本。

借入金の利息は経費になるし、お金も出ていきます。

いっぽうで、借入金の返済元本は経費にならないけど、お金は出ていきます。

 

減価償却費は経費になるけど、お金は出ていかないとされていますから、相反する動きであると考えられます。

資金繰りを考えたときには、2つのバランスを見ておくのも大事です。

 

・減価償却費は経費になるけどお金は出ていかない

・借入金の返済元本は経費にならないけど、お金は出ていく

 

足りない部分は、税引後利益でまかなうことになります。