ひとりしごと専門・相続税申告(スポット相談可)愛知県大府市に在住

確定申告書は期限内なら何度でも出せる。

  
\ この記事を共有 /
確定申告書は期限内なら何度でも出せる。

確定申告期限は3月15日

 

所得税の確定申告書の提出期限は毎年3月15日。

 

新しい年になって、3ヶ月以上が過ぎています。

 

いつまで引っ張っても内容が変わるわけではありません。

 

早めに確定申告して、終わらせたほうがいいでしょう。

 

それにはe-taxを使うしかありません。

 

 

申告期限までは何度でも提出できる

 

e-taxであれば、パソコンから申告することができます。

 

マイナンバーカードとカードリーダーが必要ですが、それさえあれば問題ありません。

 

e-taxで申告するメリットは、並ばずに最速で申告できるという点です。

 

もし何かもれがあった場合にも、再提出すればいいわけです。

 

確定申告期限までであれば、訂正して提出し直せば大丈夫です。

 

提出期限後はどうなる?

 

もし、申告期限を過ぎたあとにもれがあった場合にはどうなるか?

 

同じ方法で再提出することはできません。

 

申告期限が過ぎたあとは別の手続きに変わるからです。

 

期限後にもれに気づいた場合には、修正申告という手続きに変わります。

 

いっぽうで、払いすぎていた場合には更正の請求という手続をすることになります。

 

というように、期限後だと手続きがめんどうになるので、期限内に最速で申告しておきましょう。