ひとりしごと専門・相続税申告(スポット相談可)愛知県大府市に在住

決算の着地見込みはざっくりとでいい。

  
\ この記事を共有 /
決算の着地見込みはざっくりとでいい。

なぜ決算の着地見込みを出すのか?

 

決算予測。

 

決算月よりも前に利益がいくら出るかを予測します。

 

正確性は求められません。

 

ざっくりとで充分です。

 

正確性を求めすぎると、遅くなりますし、結局予測すらできないこともありえます。

 

予測するか、予測しないかでは大きく差が出ます。

 

予測する意味は、先を見た行動につなげるためです。

・できる節税する
・お金を借りる
・売上を来期に持ち越す
・経費を前倒しする

といったことは、前もってうごかないと手を打てません。

 

直前までの経理は前提

 

予測すると言っても、年間分すべてを予測するわけではありません。

 

中長期の計画などであればそういうケースもありえますが、ここで言っているのは、年間の予測です。

 

とすると、ほんとうに予測しないといけないのは、せいぜい3ヶ月ほど。

 

残りは、毎月の経理が済んでいれば実績として出ているはずです。

 

売上は少なめに。経費は多めに

 

予測はこれまでの月を参考にしたり、前年を参考にしたり、平均値を使うなどそれぞれ考えられます。

 

売上は予測できるものを入れておきましょう。

 

そのとき、注意したいのは、売上は少なめに、経費は多めにということ。

 

なんだかんだ言っても、見積もりです。

 

実際にその月になってみたら、当初の見積もりと違うということはありえます。

 

そのギャップは少ないほうがいいわけです。

 

・売上を多めに見ておくと、それより低かったときに利益も少なくなる

・経費を少なめに見ておくと、それより多かったときに利益も少なくなる

 

と、予測より利益が少なかったというのがダメージが大きいです。

 

だからこそ、それぞれマイナスを多く見積もっておくのがおすすめです。

 

人間、リスクは多めに見ておくほうが安心するものです。

 

逆に想定していないほどにリスクが大きかったときはダメージを感じるものです。