ひとりしごと専門・相続税申告(スポット相談可)愛知県大府市に在住

貸借対照表を時価評価してみる。

  
\ この記事を共有 /
貸借対照表を時価評価してみる。

貸借対照表は買った時の評価

 

貸借対照表の資産の金額は、時価ではありません。

 

その多くが買ったときの金額です。

 

それ以外にも解約返戻金のある保険の一部が保険積立金として経理されていたりします。

 

貸借対照表の欠点は、時価評価されたものでないということです。

 

実態ではないということです。

 

資産といえるか不明なものもある

 

資産にはいろいろな種類がありますが、それぞれの資産についた金額が時価だとはいえません。

 

回収がむずかしい売掛金
すでに売れどきが過ぎた在庫
解約返戻金のある保険積立金
役員貸付金

 

どれもついている金額だけのお金に変えることができるかといえば、むずかしいでしょう。

 

そこで貸借対照表を時価評価してみるわけです。

貸借対照表を時価評価してみる

貸借対照表の資産について時価評価をしてみましょう。

 

保険積立金は解約返戻金で評価
回収できない売掛金、役員貸付金はゼロで評価
売れどきを過ぎた在庫は、売れる金額で評価
不動産は時価で評価

 

その結果、純資産が増えているか減っているか。

 

時価の貸借対照表とは、その時点ですべての資産を売ったらいくらか?その結果、残る純財産はいくらか?

 

実態を表しているといえるでしょう。少なくとも通常の貸借対照表よりは。