ひとりしごと専門・相続税申告(スポット相談可)愛知県大府市に在住

クラウド会計で経理を効率化するには連携とインポートを使おう。

  
\ この記事を共有 /
クラウド会計で経理を効率化するには連携とインポートを使おう。

クラウド会計でイチから入力する負担を減らすために、何をやったらいいかという声を聞くことがあります。

まずはデータを連携してみましょう。その次にExcelインポートです。

経理の負担を減らすには?

フリーランスやひとり社長の方には、じぶんで経理をやるのをおすすめしています。

仕事をする以上、数字と向き合っていくことが欠かせないからです。

実際、数字をよめるようになりたいという声もあります。

とはいえ、じぶんで経理をやるとしても、イチからすべて入力するのはタイヘンです。

営業をしつつも、経理もやらないといけないわけで、効率化しておくのも必要です。

今回は、経理を効率化するには?という視点でお話します。

経理をじぶんでやるしくみをつくる

じぶんで経理をやるならクラウド会計を使うのがおすすめです。

30日無料体験のあるfreeeやマネーフォワードから始めてみるのがいいでしょう。

クラウド会計の特徴は、ネットバンクやクレジットカードのデータを連携できること。

そこで、まずは銀行とネットバンクの契約をして、クラウド会計にデータ連携をしてみましょう。

データを連携することの意味をイメージしやすくなるはずです。

クレジットカードの連携もやっておきます。

その連携データを仕訳として登録していきます。

クラウド会計にある請求書から売上の仕訳が、給料ソフトからは給料の仕訳も連携できます。

ネット上にデータがあるなら、連携しておくというのがイチから入力しないための一歩です。

Excelでインポートする

とはいえ、取引の中には、連携ができないサービスも取引もあります。

そちらについては、Excelでインポートができないかを検討してみましょう。

Excelでインポートができるのであれば、Excelに入力するか、ネットにデータがあればそれを使ってインポートできないかを考えてみましょう。

クラウド会計にインポート用のフォームが用意されているので、それをつかってもいいですし、じぶんでExcelを活用したしくみをつくってもいいでしょう。

Excelに入力するメリットは、会計ソフトに比べてデータを横断的に入力できること。

日付をコピーしたり、関数を使うことで入力も効率化することができます。マクロを使って自動化もできます。

こういう記事も参考にしていただければ。

経理データのExcelインポート入門(マネーフォワードクラウド編) | GO for IT 〜 税理士 植村 豪 Official Blog

Airレジの売上データ連携の問題点と解決策 PayPay・楽天ペイの売上がある場合のパターン(Excelマクロで仕訳インポート) | GO for IT 〜 税理士 植村 豪 Official Blog

経理の「めんどくさい…」を減らすためにやっておきたいデータ連携・インポート | GO for IT 〜 税理士 植村 豪 Official Blog

経理をするのにExcelを使うかどうか? インポートをやってみよう。 | GO for IT 〜 税理士 植村 豪 Official Blog