確定申告を申告期限までに提出しないことの代償を知っておく。

確定申告は期限までに提出が必要

フリーランスは、期限までに確定申告をする必要があります。

その期限は3月15日。

もちろん、そこを待つ必要はありません。

早目に提出すればいいわけです。

期限までに提出してないことの代償

もし、確定申告を期限までにできなかった場合にはどんなデメリットがあるか?

フリーランスの特権である青色申告特別控除。

e-taxで申告すれば、65万円控除できるわけですが、この青色申告特別控除が期限後の申告になると10万円しかうけることができません。

ということは、税金の支払いが10万円単位で変わってくることもあるわけです。

節税したいというわりに、こういうところで取りこぼすのは避けたいものです。

年明けすぐに申告すればいい

確定申告は、3月までかけてやる必要がありません。

年が明けたらすぐにe-taxで申告しても問題ありません。提出は2月16日以降とされていても。

1月4日に提出するのが最速です。

そのためには、毎月、利益を出しておくことは必要でしょう。

年明けに12月の利益を確定させて、全体をチェックし、すぐに出すことができます。

そうすれば、こんな話は関係のない話になるわけです。

ただ、どんな代償があるか、デメリットも知っておくと、早く確定申告するための対策もしやすいかと。


メルマガ読者募集中!
独立手記「GO方見聞録」毎日配信 「相続の道も一歩から」月1配信

2021年夏。メルマガを始めます。日々の考えや体験したことをメルマガに記して発信していきます。

フリーランス・ひとり社長向け
セルフマガジン(無料送付)

独立後、自分を出すのが苦手な方向けに6年間で磨いてきてよかったスキル25個をご紹介しています。