ネットでコンテンツを売るための選択肢。

コロナ下で対面で仕事をする機会が減っている現在、オンラインで売るというのは選択肢の1つです。

ネットでコンテンツを売るメリット

じぶんのコンテンツをオンラインで売れるできるなら、ネットを経由して売ってみるのがおすすめです。

ネットであれば、距離が関係なくなるからです。

北海道の方から、九州の方から、ときには海外の方から買っていただくこともできます。

店舗ではできないことです。

そして、オンラインであれば24時間受け付けることが可能です。

朝起きていたら申し込みがあった、遊んでいたら売れていたということもあります。

コンテンツは

  • Zoomで動画を収録して、ファイルにする
  • パワポのスライドはPDFファイルにする

など、つくりやすくなっています。

最低限フォームがあれば足りる

どうやってオンラインで売るか?

HPなどがあれば、そこにフォームをつくっておくのでも充分かと。

GoogleフォームやNinjaフォームなどはつくりやすいです。

「NINJA Forms」で問合せフォームをサクッとつくってみた。 | GO for IT 〜 税理士 植村 豪 Official Blog

取引の流れとしては、こういった感じでも大丈夫です。以前はこれでやっていました。

  1. フォームに入力していただいたら、メールが届く
  2. 決済メールを送って、決済していただく(自動返信メールでも)
  3. 決済後にコンテンツをDropboxのリンク共有などで送る

決済方法は複数あるといいでしょう。わたしはクレジットカード決済と振り込みを用意しています。

自動返信メールに決済情報をいれておけば、気づいたときに決済は終わっています。

Stripe Payment LinksとContactForm7で申込みから決済までを自動化してみた。 | GO for IT 〜 税理士 植村 豪 Official Blog

コンテンツはDropboxなどに保管しておき、決済後に送るメールにDropboxのリンク共有を貼っておければ、お客さまはネット経由でダウンロードすることができます。

オンラインストアをつくってみるという選択

オンラインストアをつくるなら、サイトが必要です。

オンラインストアサービスには、Base、MakeShopなどありますが、いかんせん、MakeShopなら月額11,000円ですから年間12万円ほど。

これを高いと感じるか、安いと感じるか。わたしは前者です。

そこで、オンラインストアをつくるという手もあります。

WordPressならつくることは可能です。ただ、つくるのはそれなりに敷居は高いです。

もし、つくれれば利用料はサーバー利用料やドメイン利用料のみです。

やって見る価値はあるでしょう。

時間はかかりますが、オンラインストアをつくってみるのも、いい勉強になります。
WordPressでイチからオンラインストアをつくるには? WooCommerce+Stripeでの設定方法 | GO for IT 〜 税理士 植村 豪 Official Blog


メルマガ読者募集中!
独立手記「GO方見聞録」毎日配信 「相続の道も一歩から」月1配信

2021年夏。メルマガを始めます。日々の考えや体験したことをメルマガに記して発信していきます。

フリーランス・ひとり社長向け
セルフマガジン(無料送付)

独立後、自分を出すのが苦手な方向けに6年間で磨いてきてよかったスキル25個をご紹介しています。