ひとりしごと専門・相続税申告(スポット相談可)愛知県大府市に在住

会社が払う法人住民税と個人住民税の比較。

    
\ この記事を共有 /
会社が払う法人住民税と個人住民税の比較。

会社で払う住民税には、法人の住民税と個人の住民税があります。

会社が払う住民税

会社が払う住民税には、2種類あります。

1つは法人住民税。 会社をつくると、法律のルール上、会社は人として扱われます。

 

それゆえに、会社は住民税を払う必要があります。

 

それが、法人住民税といわれるものです。

 

法人住民税は、赤字でも7万円を払うというのが特徴です。

 

利益がでれば、そこに利益に対する税金が加算されます。

 

もう1つは個人住民税。

 

こちらは給料を払ったときに、天引きされる住民税です。

 

 

法人住民税と個人住民税の違い

 

経理をするとき、法人住民税と個人住民税では処理方法が違います。

 

法人住民税は、

 

法人税等100/未払法人税等100

 

と経理し、

 

支払うときに、

 

未払法人税等100/現金預金100 という処理をします。

 

いっぽうで個人住民税は、給料天引きし、その一時的に預かったお金を市区町村に払うため、その性質は預り金です。

 

役員報酬を払うときに、天引きする住民税を預り金として処理し、 払うときに

 

預り金(住民税)100/預金100

 

と処理します。

 

同じ住民税でも、会社と個人では会計処理での扱いは違います。

 

 

共通点はネットで払えること

 

いっぽうで、共通していることもあります。

 

どちらもネットで支払えます。

 

eLTAXからダイレクト納付やインターネットバンキングを利用して支払うことが可能です。

 

会社では、個人の住民税と法人の住民税が出てきて、困惑しがちです。

 

ただ、最後の支払いはどちらも同じようにできるので、少しずつ慣れていきましょう。

 

会社の税金を払うのにダイレクト納付を使ってみよう。 | 植村豪税理士事務所|オンライン(Zoom)対応・愛知県大府市に在住

 

なお、個人の住民税は10人以下なら、毎月払いでなく半年1回払いにすることはできます。