利益を増やしたいけど税金は減らしたいというジレンマ。

利益を増やしたいけど税金は減らしたいというジレンマ

仕事を続けるなら、利益を出すことを目指すというのは、誰もが意識することです。

ところが、実際に利益が出そうになると、もっと利益を減らして節税したいとなります。

これは、ある意味仕方のないところもあります。

仕事はずっと続ける前提ではあるのですが、税金の計算をするために1年という単位でぶつ切りします。

結果的に利益がたくさん出ているときに決算日を迎え、翌期の期首に売上が大幅に下がるということもあり得るわけです。

利益が増えれば税金は増えるのが常ではありますが、タイミングの問題で税金が変わるということもあり、その対策として、事前に検討しておくのも1つです。

事前の検討はやっておく

決算まで何もしないで、決算後に申告書をつくるとなると、出た結果の税金を払うしかありません。

やっていることは、待受けです。

ただ、事前に検討しておくということはできます。

決算前に実績+予測で利益がどのくらいになるかをざっくりチェックしておくことはできます。

それによって、利益が多すぎるということであれば、仕事の一部を翌期にまわせないかどうかを検討することもできます。(仕事をしたのに、売上だけ翌期にまわすというのはだめです。)

税額控除や節税の検討をすることもできるわけです。

その結果、目の前に突きつけられた税金を払うのではなく、どのくらいの税金を払うかをある程度、決めることもできます。

税金を払うのは、避けられないこと

そうは言っても、できることには限度があります。

税金を払わないと、お金が貯まらないというのは大前提です。

税金を払うのに痛みは感じますが、「あとでお金は増えるから」と考えておきましょう。


メルマガ読者募集中!
独立手記「GO方見聞録」毎日配信 「相続の道も一歩から」月1配信

2021年夏。メルマガを始めます。日々の考えや体験したことをメルマガに記して発信していきます。

フリーランス・ひとり社長向け
セルフマガジン(無料送付)

独立後、自分を出すのが苦手な方向けに6年間で磨いてきてよかったスキル25個をご紹介しています。