ひとりしごと専門・相続税申告(スポット相談可)愛知県大府市に在住

数字を見るときは千円単位がおすすめ。

    
\ この記事を共有 /
数字を見るときは千円単位がおすすめ。

数字はわかりにくい原因は桁数が多いから

数字をチェックするといっても、なかなか馴染めないということもあるでしょう。

そもそものわかりにくさもあるでしょうが、その原因の1つは数字の桁数が多すぎること。

10,000,000と表示されているときに、1,000万円とすぐにわかるかといえば、なかなか難しいでしょう。

さすがに今のわたしはわかりますが、最初の頃はゼロを数えたりしていたことも。

数字の桁数を小さくしてみましょう。

単位を小さくしてみる

数字を千円単位にするのがおすすめです。

1,000,000であれば、千円単位なら1,000に。

10,000,000であれば、千円単位なら10,000になります。

千円単位なので、後ろの「,000」がなくなる分、桁数が減ります。

結果として、かなり数字は見やすくなるはずです。

Excelで数字を見る場合は、冒頭の写真のようにセルの書式設定から、ユーザ設定を選び、「#,##0」の後ろに「,」設定することで千円単位表示ができます。

変わるのは表示だけ、実際の数字は円単位です。

千円単位に慣れる

千円単位にすると、数字を小さくできるのでチェックしやすくなりますが、それでも慣れは必要でしょう。

ただ、慣れれば、パッと見て100万円なのか1,000万円なのかはわかるようになります。

トレーニングするしかないでしょうね。

ただ、それがパッと見てわかるようになったとき、数字をチェックするスキルは上がっているかと。