税務署から連絡があったときにまずやっておきたいこと。

税務調査の連絡があっても、あわてないようにしましょう。

覚えておきたいのは、日程は変更できるということです。

税務調査の連絡があったら?

夏から秋にかけて、税務署から税務調査の連絡が入り始めます。

このとき、調査したい税目、必要な書類、調査官の人数、名前などとともに、訪問希望の日程を伝えられます。

それを忘れないようにメモしておきましょう。じぶんの覚えとして。

もし、税理士がいれば税理士に連絡が入ります。

このとき、言われるままにしないといけないわけではありません。

日程の変更はできます。予定が入っている日もありますし、そこまでの強制はしません。

日程の変更はできる

もし、告げられた日程で都合が悪ければ、「その週は忙しいので」といえば考慮してくれます。

忙しいところを強引にやってくるというのは、ありません。

そもそも、通常の税務調査は、映画のように突然やってくるわけではありません。

あれは強制調査といわれるもので、悪質な脱税をしているようなケースです。裁判所の令状をもっています。

ただ、任意調査といわれる通常の調査であれば、事前の連絡がありますし、日程の変更もできます。

コロナ下という状況で税務調査は再開されています。

コロナ対策もしたいでしょうし、感染リスクを避けたいということもあるでしょう。

一応、税務署もその対応は考慮しています。対策の温度差はあるかもしれませんが。

調査を受ける義務がある

税務調査を断ることは難しいです。たとえ、コロナだという事情でも。

税務調査を受けるのは、義務とされているからです。(受忍義務といいます。)

日程の変更はできるけど、調査はどこかで受けないといけません。

とはいえ、ごまかしなくちゃんと申告していれば、必要以上に怖がることもありません。

調査日程の希望を堂々と伝えましょう。

連絡があったときは、落ち着いて対処するのが大事です。

そのときだけ税理士に調査の立ち会いをお願いするのもありです。


メルマガ読者募集中!
独立手記「GO方見聞録」毎日配信 「相続の道も一歩から」月1配信

2021年夏。メルマガを始めます。日々の考えや体験したことをメルマガに記して発信していきます。

フリーランス・ひとり社長向け
セルフマガジン(無料送付)

独立後、自分を出すのが苦手な方向けに6年間で磨いてきてよかったスキル25個をご紹介しています。