iPad Proがパソコンにはならない理由。

iPadは仕事にはかかせないアイテムです。

ただ、私の中では、タブレットとパソコンは別という位置づけです。

iPadはパソコンになるかどうか?

タブレットがあると、仕事はしやすいです。

わたしが使っているiPad Proであれば、

  • Apple Pencilを使ってチェック
  • Kindleで読書
  • DropboxやEvernoteなどのアプリと連携

という用途があります。

SmartKeyboardをつければ、パソコンのように操作することもできます。

ただ、私の中では、パソコンとiPadのようなタブレットは別のものという位置づけです。

iPadがパソコンにならない理由

iPadがパソコンにならない理由の1つは操作性。

しごとにつかうという前提であれば、操作性はキーボードの大きなパソコンに軍配が上がります。

iPadには画面をタッチで操作できるというメリットもあるのですが、それが効果的なツールは限定されます。

Excelを使う場合には、やはりパソコンの1択です。パワポを使うにもやはりパソコンのほうが使いやすいです。

しごとでどんなソフトを使うかでもその印象は変わってくるでしょう。メールならiPadでもチェックできます。

あとは、プログラミングが使えないというのも。

iPadのExcelでは、マクロが使えませんし、RPA(UiPath)も使えません。

プログラミングを使っている仕事もあり、使えないとしごとの効率は落ちます。

やはりパソコンとiPadは別のものだと考えています。

iPadにしかないメリットもある

とはいえ、iPadにはパソコンにはない利点があるのも事実です。

その1つが手軽さ。パソコンに比べたら遥かに軽いです。わたしが使っている11インチiPadProの場合ですが。

パソコンで資料のチェックができるかというと、できないことはありませんが、Apple Pencilを使って手を動かしてチェックするほうがいいかなと。

Kindleを読むにも、パソコン版のKindle for PCは正直使いにくいです。やはりiPadがベストです。

パソコンとタブレット、それぞれにいいところがあり、パソコンとタブレットを使い分けて仕事をするというのもしごとを楽しめる要素の1つだったりします。


メルマガ読者募集中!
独立手記「GO方見聞録」毎日配信 「相続の道も一歩から」月1配信

2021年夏。メルマガを始めます。日々の考えや体験したことをメルマガに記して発信していきます。

フリーランス・ひとり社長向け
セルフマガジン(無料送付)

独立後、自分を出すのが苦手な方向けに6年間で磨いてきてよかったスキル25個をご紹介しています。