買ったモノを返品するときの処理はどうする?

買ったモノを返品することがあります。

そのときの処理も忘れずにやっておきましょう。

買ったモノを返品

買ったモノを返品するということもあるでしょう。

買ってから気に入らないとうこともあるからです。

現在はネットから購入する機会も多く、返品がしやすい時代。

経費処理したあとに、返品する場合もあります。

返品したときの経理処理は?

返品する場合にはどうすればいいでしょうか。

もともと、買ったときに経費にしているのであれば、同じ経費科目でマイナス処理をすればいいでしょう。

IT投資費用 100 / 預金 100 という処理をしていれば、

同じ月に戻ってきたとすると、 預金 100 / IT投資費用 とすれば大丈夫です。

年や期をまたぐ場合には、返品が確定したタイミングで未収入金を立てた方いいでしょうね。

返品を受けた場合には在庫処理も忘れずに

売った商品の返品をうけることもあるでしょう。

その場合、もらったお金を返金し、売上の減額処理をする。これは問題ないでしょう。

もし、まだお金をもらっていなかったら、売上 100 / 売掛金 100と売掛金の減額も必要になります。

忘れがちなのは、商品の受入処理です。

月末在庫としてカウントする、在庫管理ソフトを使っていれば、入庫処理をする必要があります。

売上と商品は必ずひもつきになります。忘れずに処理しましょう。

仕入れがないコンテンツなら、管理はラクなんですけどね。

メルマガ読者募集中!
独立手記「GO方見聞録」毎日配信 「相続の道も一歩から」月1配信

2021年夏。メルマガを始めます。日々の考えや体験したことをメルマガに記して発信していきます。

フリーランス・ひとり社長向け
セルフマガジン(無料送付)

独立後、自分を出すのが苦手な方向けに6年間で磨いてきてよかったスキル25個をご紹介しています。