モーニングがついたカフェ代は経費になるかどうか。

カフェで仕事をする場合、モーニングがつくことがあります。

モーニングでつくパンやサラダまで経費にするかどうかを考えてみました。

モーニングにはパンやサラダがついてくる

打合せなどでカフェで仕事をすることもあるでしょう。

朝にカフェに行くと、モーニングサービスでコーヒーの料金でパンや卵がついたり、パンやサラダとドリンクのセットで割安料金となっていることがあります。

モーニングといっても、11時とかランチ近くの時間までやっていることもあり、ランチとして利用することがあるかもしれません。

わたしも年に何度か利用することがあります。

打合せをしつつ、食事をするなら会議費になるのですが、ひとりでカフェでしごとをする場合はどうか、です。

モーニングは経費になるか?

カフェでひとりで仕事をする場合、そのカフェ代は経費になります。

仕事に関係するかどうかという点で考えると、仕事をするための場所を借りている要素もあり、経費になります。

ただ、モーニングを利用するとなるとちょっと話が変わります。

仮にドリンクと食事のセットなら、コーヒーにパンやサラダも含めての値付けです。

となると、そのままだとパンやサラダまで経費にすることになり、それをするかどうか。

考え方はいろいろあるでしょうが、わたしは経費になるのはドリンク1杯程度かなと思っています。

ひとりでカフェで食事までとなると、生活費と経費がごちゃごちゃになりますし、普通に考えてもひとりでの食事は生活費でしょう。

ドリンク代を経費にするかどうか?

ドリンク代を経費にするならどうするか?

ドリンク代1杯だけを経費にするなら、ドリンク代がいくらかをチェックする必要があります。

ネットで調べたり、お店のメニューで料金がわかれば、ドリンク代だけを経費にすることはできるでしょう。

モーニングで510円だけど、コーヒー単品が300円なら、その300円だけを経費にするわけです。

レシートの記載料金とは違うので、そのドリンク代を記載しておきます。

もう1つは経費にしないパターン。

上記のようなことをやるのは、けっこう手間です。

何度もモーニングを利用するならまだしも、年数回なら税金にもほとんど影響しません。

わたしはこちらで「まぁいいや」とするほうです。家計簿には記録しますが。


メルマガ読者募集中!
独立手記「GO方見聞録」毎日配信 「相続の道も一歩から」月1配信

2021年夏。メルマガを始めます。日々の考えや体験したことをメルマガに記して発信していきます。

フリーランス・ひとり社長向け
セルフマガジン(無料送付)

独立後、自分を出すのが苦手な方向けに6年間で磨いてきてよかったスキル25個をご紹介しています。