節税したいという前に。経費をもらしていないか?

節税したいというその前に。あげるべき経費をもらしていないかという話です。

節税したいと言うけれど…

税金を少しでも安くしたいがために、「とにかく節税したい」ということに関心がある方も少なくありません。

確かにわたしにとっても、税金は少ないほうがいいというのが本音です。

税金を払わないとお金は貯まらないという現実もあるわけで、上手く付き合っていく必要があります。

ただ、「節税、節税」となるその前に、そもそも経費のモレがないかどうかはよく確認しておきたいところです。

本来、経費にできるものを経費にしていないのに、節税するということは、結局、てもとのお金を減らしてしまうことにもなりえます。

そもそも経費にできるものがあるのに、入れていない。

そういったモレがないかどうかを最初に確認しておきましょう。

経費がもれていることも多い

たとえば、12月分の経費を1月に支払っていれば、それは1月分の経費でなく、12月分の経費です。

払っていなくても、サービスを受けていれば、経費になります。その場合、その経費は未払金としておきます。

この未払金をモレなく計上しているかどうかを確認しておきましょう。

もう1つ事例を挙げておくと、仕事用のクレジットカード以外のクレジットカードで払っているような経費。

モレが多いパターンの1つです。

こうしたところをチェックしておくだけでも、税額は意外と変わります。

そして、税金が減れば、それが結果的に節税につながります。

いわゆる節税を考えるのはそれからです。ただできる限度はありますが。

経費をもらさないために必要なこと

本来、経費にするべき経費をもらさないためにはどうすればいいか?

できるだけ、経理で使っている銀行口座やクレジットカードから払うようにすることです。

そうすることで、クラウド会計ならネットバンクやクレジットカードの明細として連携されるはずですから、モレる可能性も減るはずです。

そして、現金払いしたレシートについては、毎日経理をすることで、モレにくくなります。

まとめて経理をするとなると、「これって…?」とわからなくなり、「まぁいいや」となりがちです。

とにかく税金を減らしたいという割に、こういうところをスパッとあきらめていては本末転倒です。

「節税したい」

…の前に、まずは経理処理をもらさないようなしくみをつくっておきましょう。


ABOUT US

植村 豪ひとり税理士・ひとり社長・Macユーザー
相続税の申告やひとり社長・フリーランスのひとりしごとなどをサポート。スポット相談、個別コンサルティング、クラウド会計の導入コンサルなどを提供。著書に「十人十色の『ひとり税理士』という生き方」(共著)