経理×〇〇〇・確定申告×〇〇〇をやってみる。

経理をやるときに、経理以外の要素を入れてみるのもおすすめです。

経理だけやるのはもったいない

経理をやるときに、インポートをつかうことをおすすめしています。

インポートというのは、Excelでもとのデータをつくり、それを会計ソフトに取り込むという方法。

freee、マネーフォワード、弥生会計ならどれでもできます。

(書式はそれぞれデータエクスポートするとわかります。)

正直なところ、会計ソフトでの入力というのは、データを横断的にコピーできないですし、かえって入力しにくいものです。

その点、経理の入力をExcelでインポートすることのメリットもあるわけです。

経理×Excel

Excelでデータを加工して、会計ソフトにインポートするには、データをつくる必要があるわけですが、経理をやりつつ、Excelのスキルもみがけます。

仕訳をインポートしたい場合には、データをコピーし、数式を入れて、入力を減らすことができます。

その操作には、ショートカットキーを使うとより速度が上がります。

  • 真上のデータをコピーしたいならCtrl+D
  • F12で名前を付けて保存、もしくはCtrl+WでEnter。
  • 列の選択はCtrl+Spaceキー
  • 行の選択はShift+Spaceキー

 

という操作ができるようになれば、経理のスピードは上がります。

関数も使ってみましょう。

たとえば、翌月末の日付にしたいときは、EOMONTH(A1,1)とし、それを下のデータにもコピーすると、翌月末の日付が表示されます。

これが会計ソフトでの入力となると、時間がかかります。

せっかく経理をやるなら、経理×Excelとして、経理とExcelをかけ合わせてみると、楽しめる要素もあるはずです。

ブログでも記事にしているので、参考にしていただければ。

経理データのExcelインポート入門(マネーフォワードクラウド編)   | GO for IT 〜 税理士 植村 豪 Official Blog

会計データのExcelインポート入門 経理を楽にするためにやってみよう(弥生会計版) | GO for IT 〜 税理士 植村 豪 Official Blog

経理の「めんどくさい…」を減らすためにやっておきたいデータ連携・インポート | GO for IT 〜 税理士 植村 豪 Official Blog

Excel×経理 ショートカットキーを弥生インポートを使って練習してみよう | GO for IT 〜 税理士 植村 豪 Official Blog

確定申告×RPA×Excel

確定申告にも入力の項目は多いです。

何度も同じような内容を入力しているなら、RPAを使ってみるのも手です。

わたしはUiPath StudioXを使うことが多いです。

Excelに必要データを入力しておき、RPAにそのExcelを見てもらい入力してもらっています。

すべてを自動で入力してもらうとなると、難易度は上がるので、一部の入力だけやってみるのがおすすめです。

先日やってみたのは、ふるさと納税の入力。

同じような入力が10以上あったので…。

UiPath StudioXで確定申告書等作成コーナー(ふるさと納税の入力を自動化) | GO for IT 〜 税理士 植村 豪 Official Blog

経理や確定申告だけでなく、別のツールを掛け合わせてみると、スキルを磨けますし、楽しめる部分も出てきます。


フリーランス・ひとり社長向け
セルフマガジン(無料送付)

独立後、自分を出すのが苦手な方向けに6年間で磨いてきてよかったスキル25個をご紹介しています。