相続税の申告はじぶんでできるのか? 

相続税の申告をじぶんでできる方は、どんな方なのか?を考えてみました。

相続人がひとり、あるいは財産の構成がシンプルなケースなら、じぶんで申告をやってみるのもありです。

相続税の申告をじぶんでやるというツワモノ

独立する以前、「相続税の申告をじぶんでやっているんだけど…」という女性と話をしたことがあります。

税理士ではない方で、当時は「そんなも人いるんだなぁ」と驚いたものです。

相続税の申告するとなると、財産の評価もむずかしいですし、特例の適用もあり、税理士に任せるというのが通常ではあるのですが、じぶんで申告することもできないとも言い切れません。

では、どんな人ならじぶんで申告することを考えてみてもいいのか?を書いてみます。

相続税の申告をじぶんでやれるのはこんな人

では、じぶんで相続税の申告ができるとしたら、どんなケースになるのか?いくつか挙げてみました。

  • 相続財産が自宅と預金、上場株式くらいしかない
  • 相続財産である土地の形が長方形などいわゆる整形地である
  • 相続人が1人
  • 小規模宅地等の特例が理解できて、使ったら税額がゼロになる(自宅を相続する場合で)
  • 相続人が配偶者1人で配偶者の税額軽減で税額がゼロになる
  • 生前に贈与した財産がない
  • 親族間でお金のやりとりがない(貸す・借りる)
  • 遺言書がある
  • 海外に財産がない
  • 家族名義の財産(名義財産の可能性があるもの)がない
  • 戸籍や登記簿などの書類を集める手間をいとわない
  • ネットを使える

ざっとこんなところでしょうか。

自宅や預金、上場株式だけなら、財産評価はそれほど難しくないでしょうし、財産の動きも多くなく、土地のかたちもシンプル、相続人ひとりで話し合いが不要という場合であれば、じぶんで相続税の申告をやってみるのもありでしょうね。

直前で引き出した現金があればそれもお忘れなく。

相続直前に引き出したお金はどこにいったのか?

じぶんで申告するなら考えておきたい その先のはなし

じぶんで相続税の申告をするなら、土地の評価が本来より増えてしまうというリスクはあるでしょう。

配偶者の税額軽減が使える、小規模宅地等の特例が使えるというのであれば、それほど税金に影響はないかもしれません。

ただ、忘れずにやっておきたいのは、相続のその先を考えておくこと。

  • 配偶者の税額軽減を使ってすべて配偶者が取得したけど、それだと実は2次相続で大きな税負担が出る
  • 家族名義の預金があったけど、判断できないからとりあえず今回はスルーした。

1次相続のあとの2次相続を想定しても税金を優先した選択をするのか。

ひとまず今回は…ということで申告を済ませると、数年後に税務調査が来たりと、あとで想定していなかった場面に出会うケースもあります。

財産隠しはやめておけ。相続税は他の相続人にもとばっちりがいく税金

じぶんで申告したいけど迷うという場合には、一度税理士に相談したほうがいいでしょうね。

あとで「〇〇しておけばよかった…」ということがないように。

じぶんで計算するなら、最初は国税庁のこのソフトで試してみてもいいかと。

【相続税の申告要否判定コーナー】

ただ、申告書をつくるレベルではないので、最終的には、申告ソフトを買ったほうがいいでしょうね。計算が自動ですし。

手書きはミスにつながるのでおすすめしません。

ソフトといっても、国税庁のe-taxソフトを使ってはいけません。あれは、合計も手入力という想像をはるかに超えるソフトですので…。

相続税の電子申告をe-taxソフトでやってはいけない | GO for IT 〜 税理士 植村 豪 Official Blog


ABOUT US

植村 豪ひとり税理士・ひとり社長・Macユーザー
相続税の申告やひとり社長・フリーランスのひとりしごとなどをサポート。スポット相談、個別コンサルティング、クラウド会計の導入コンサルなどを提供。著書に「十人十色の『ひとり税理士』という生き方」(共著)