無借金経営をやるべきかどうか。

無借金経営をするのは理想です。

ただ、無借金経営はカンタンではありません。まずはしごとを続けるためにあえて手元のお金を増やし、不安を減らすことに目を向けるべきです。

無借金経営は理想だけど。

無借金経営。

しごとをするのに銀行からの借入金がない状況をいいます。

無借金経営は理想ではあるのですが、無借金経営をするのはカンタンではありません。

特にコロナのような大きな変化があると、売上が大きく下がってしまうということもあるわけです。

手元のお金を減らす日が続くこともあります。

そのような状況でもしごとを続けるためには、手元のお金を増やしておくことが必要でしょう。

お金がなくなったらしごとができない

もし、赤字だとしても、お金があれば耐えることもできますし、仕事を続けることができます。

逆に利益が出ていても、お金がないということもあるのです。

大きな買い物をしたり、必要でないところにお金を使っているとそういうことがありえます。

新しいしごとを始めるときにも、最初は出ていくほうが多いものです。

ただ、そのときにもお金があれば、お金が減っていくのに耐えることはできます。無借金経営ならむずかしいところです。

飛行機はしばらく滑走路を走行してから飛び立ち、飛ぶまでに時間はかかるものです。

しごとも同様で、右肩上がりでない以上は、お金は必要でしょう。

無借金の場合の銀行の評価は?

いっぽうで銀行から見た無借金経営はどう映るか。

銀行はお金を貸すときに返せるかどうかの実績を見ます。

無借金経営の場合、借入の実績がないわけですから、新たに借入れをしたいと思ったときの評価は高くありません。

決算書の状態が悪くなくてもです。

もし、銀行からお金を借りるなら、まずは少額でも借りてみて、返済の実績をつくってみましょう。

そのあとにお金を借りたいときには実績があり、お金を借りやすくなります。


メルマガ読者募集中!
独立手記「GO方見聞録」毎日配信 「相続の道も一歩から」月1配信

2021年夏。メルマガを始めます。日々の考えや体験したことをメルマガに記して発信していきます。

フリーランス・ひとり社長向け
セルフマガジン(無料送付)

独立後、自分を出すのが苦手な方向けに6年間で磨いてきてよかったスキル25個をご紹介しています。