ひとり社長の給与計算は誰がやるのがいいか?

ひとり社長の給与計算を誰がやるか?

じぶんでやってみるのがおすすめです。

ひとり社長の給与計算は誰がやる?

会社をつくると給与計算をやらないといけません。

給与計算を誰かにお願いするかどうか。

ひとり社長であれば給与計算は自分でやればいいでしょう。

役員報酬は毎月同額というルールになっていて変更はほとんどありませんし、社会保険の手続きも慣れれば対応できます。社会保険の手続きも電子申告でできるようになっています。

給与計算ソフトをどうするか?

給与計算はソフトを使ってやるとして、どのソフトがいいのか。

正直、これが絶対におすすめと言えるものはありません。

給与計算のソフトは、会計ほど使いやすくはないのが現状です。

しいていえば、給与計算から年末調整へ処理がしやすいもの、会計の仕訳への連携ができるものがいいでしょう。

そうなると、クラウドの給与計算ソフトが選択肢になります。

具体的には、マネーフォワードやfreeeなどでしょう。どちらも操作性はまずまずです。

おすすめしないのは、

  • 給与支払報告書等の電子申告に対応していないソフト(データのエクスポートができないもの)
  • 会計に給与計算情報を連携またはインポートできないソフト
  • 社会保険の料率を、手入力して変えないといけないソフト

というような給与ソフトです。

給与計算の流れを学べる

給与計算はやったことがなければ、ハードルが高く感じるかも知れません。

ただ、ひとり、かつ、定額ならあらかじめ役員報酬額を個人情報に設定しておけば、ほとんど触るところはないといってもいいでしょうね。

社宅契約をしているなら、家賃の天引きはやっておいたほうがいいでしょうね。

毎月定額の報酬というシンプルな給与計算をして、それぞれの項目がどういう流れを辿るのかというのも学べます。

とくに、年末調整や源泉所得税、住民税の納付などは、じぶんでやってみて初めて流れがわかるものです。

その流れを理解しておくと、「これからどうする?」判断はよりしやすくなります。

役員報酬を増やすと、社会保険も増えたり、届出書が必要になるというようにも気付けるようになります。


メルマガ読者募集中!
独立手記「GO方見聞録」毎日配信 「相続の道も一歩から」月1配信

2021年夏。メルマガを始めます。日々の考えや体験したことをメルマガに記して発信していきます。

フリーランス・ひとり社長向け
セルフマガジン(無料送付)

独立後、自分を出すのが苦手な方向けに6年間で磨いてきてよかったスキル25個をご紹介しています。