ひとりしごと専門・相続税申告(スポット相談可)愛知県大府市に在住

わたしがフリーランスなら会計ソフトはfreeeを選ぶ。その理由。

    
\ この記事を共有 /
わたしがフリーランスなら会計ソフトはfreeeを選ぶ。その理由。

フリーランスが使う会計ソフト、わたしがいちフリーランスとして選ぶならfreeeです。

じぶんで経理をするなら会計ソフトを使う

フリーランスならじぶんで経理することをおすすめしています。

そのとき、会計ソフトは必要でしょう。

とはいえ、会計ソフトはすぐに使える代物ではありません。

会計ソフトはいろいろありますが、どれでもトレーニングは必要です。

freeeはガチガチの簿記ではない

会計ソフトの代表例として、わたしが使っているfreee、マネーフォワード、弥生会計。

弥生会計はデスクトップ型のソフトを想定しています。

そのうち、freee、マネーフォワードはクラウドの会計ソフトです。

(「や○いの青色申告オンライン」とやらは、使ってはいけません。)

それぞれ無料体験もあるので、試してみましょう。

で、もし、わたしがこれからフリーランスとして独立するとしたら、どれにするか?

freeeでしょうね。

freeeはfreeeで確かに使いにくい部分もあるのですが、他の会計ソフトにはないメリットもあります。

freeeは、ガチガチに簿記という感じではありません。他の2つとは少し視点が違うというイメージです。

freeeを選んだとしでも簿記のしくみは知っておくべきですが、簿記をやったことがないという方にも、近づきやすいのではないでしょうか。

わたしのイメージでは、freee→マネーフォワード→弥生会計と右に行くにつれて簿記の知識がより必要になります。

ただ、データ連携の対象サービスの多さは、マネーフォワードのほうが上です。

クラウドソフトなので、画面を更新したときに反映に時間がかかります。

わたしの感覚では、データの反映はどちらかというと、freeeのほうが遅いかなという印象です。

データをダウンロードするのに送られてくるメールを待たないといけませんし。(Ctrl+Rで画面更新すればいいのですが。)

ともすれば、マネーフォワードの方がいいというようにも思えます。

ただ、freeeは、自動仕訳登録を設定しておくことで、仕訳を自動で登録してくれます。この設定はちとむずかしいですが、やっておけば、効率は上がります。

そしてもう1つ。freeeでは会計から確定申告までを一気通貫できます。

freeeは会計から確定申告まで一気通貫できるけど…

freeeなら会計から確定申告までをfreeeの中で済ませることができます。電子申告で。

マネーフォワードや弥生会計は、データを国税庁のe-taxソフトに取り込んで電子申告する必要があります。

このe-taxソフトというのが超絶使いにくいので、マネーフォワードではその機能は使わないほうがいいです。

この点でfreeeは経理も確定申告もfreeeですからシンプルです。

設定をしっかりやっておくと、確定申告書へのデータ反映もやってくれます。ただ、やはり設定はややこしいです。

そして、画面も白を基調とした見やすさというのもあります。

だからといって、freeeを手放しで絶賛するわけではありません。毎年、この機能のリリースが遅いのです。

確定申告は、1月の早めにやるのがおすすめですが、使えるようになるのはかなり遅れます。この点が残念です。

もし1月4日に確定申告をするのであれば、この機能は使わずに国税庁の「確定申告書等作成コーナー」から電子申告をするというのが選択肢になります。