モノを買うとお金は減る。でも必要なら買えばいい。

モノを買えば税金が減る?

決算前になると、「なにか買わなきゃ」とあわててモノを買うという動きがあります。

ときにはそれがクルマなど大きなモノであることも。

クルマを買えば、たしかに減価償却費が経費になるわけですが、その先を見ていないことが多いわけです。

クルマを決算前に買ったとしても、経費になるのはその年度に実際に利用した期間のみ。

決算月に買ったら、年間の減価償却費の1/12だけです。

税金に与える影響は極小です。

実はお金は減っている

目の前の税金を減らしたいのはわかりますが、実はそれによってもっと大きなモノが減っています。

それは、お金です。

100の利益があって、税金を減らしたいから…とクルマを買って、100のお金をつかうと、税金はゼロ(実際は均等割が7万円ほどあり。)ですが、お金は大きく減ります。

しかも、経費になるのはほんの一部です。

いっぽうで、100の利益があって、グッと我慢して税金を30払うと、70のお金は残るわけです。

モノを買えば、お金は減るというのは意識しておきましょう。

本当に必要なモノは買えばいい

とはいえ、だからといってモノを買わなすぎるというのも違います。

本当に必要なものだと思えば、買いたいものです。

モノを買うことで、新しいことがやれるということもあるわけです。

  • カメラを買って、Webカメラにしてオンラインでしごとする
  • パソコンを買って、しごとを効率化したい

ということで、直接ではなくても、間接的に売上につながるようなモノもあります。

税金を減らしたいという感情だけで、それほど必要でもないものを買うのではなく、しごとにつながるものはむしろ買うべきです。

おカネの手当をしておくのは、大前提ですが。それを逃すと、新しいことができないという場面はあるものです。

その先で税金が減るならラッキーという感じで。税金は後付けです。


ABOUT US

植村 豪ひとり税理士・ひとり社長・Macユーザー
相続税の申告やひとり社長・フリーランスのひとりしごとなどをサポート。スポット相談、個別コンサルティング、クラウド会計の導入コンサルなどを提供。著書に「十人十色の『ひとり税理士』という生き方」(共著)