ひとりしごと専門・相続税申告(スポット相談可)愛知県大府市に在住

経理を効率化するカギはネットにあるデータを見つけること

    
\ この記事を共有 /
経理を効率化するカギはネットにあるデータを見つけること

経理を効率化するには、ネットにすでにあるデータを利用することです。

探してみましょう。

ネットにあるデータを連携する

経理が得意という方は、あまりいないでしょう。

ちなみにわたしも得意だったわけではありません。

やったことなかったですからね。

そもそも、どの数字をどう見たらいいかさっぱりわかりませんでしたし。

ただ、分岐点もあったと思っています。会計事務所での勤務時代に市販の数字の本を読みつつ、じぶんで経理をやってみたことです。

どの数字がどこに行っているか?どうなるといいのか?というのをじぶんなりに肌で感じてきたのです。

結局のところ、経理や数字というのは、じぶんでやってみるのがいちばん近道です。

独立後、じぶんの経理をやっています。入力はゼロにはならないもののかなり減らせました。

それは、ネット上にあるデータをクラウド会計に取り込むようにしたからです。

こちらの記事でも書いています。

じぶんのしごとの取引を、すべて経理しないといけないとすると、いかに効率よくやるかというのは考えたいところです。

そうして、日々の入力の手間を減らし、数字を見る時間をつくっていき、数字を見て慣れていくしかないでしょう。

取引データはすでにネットにある

じぶんのやっている取引の中で、ネットからデータがとれないかどうかというのを考えてみましょう。

探すと、いろいろあるはずです。

銀行取引ならネットバンク契約をすれば、クラウド会計にデータを連携させることができます。

クレジットカードは、ネットで利用明細を確認できるものがほとんど。

電車に乗っている場合には、スマホでモバイルSuicaを利用できるようにすれば、クラウド会計にデータを連携でき、データには乗車区間も表示されています。

クレジットカード決済を導入していれば、それもネットから売上の明細がとれるでしょう。わたしが使っているStripeやちょっと前に使っていたSquareだと大丈夫です。

さらに、Amazonでモノを買えば、そのデータ連携ができ、購入の明細を入力する必要がなくなります。(クレジットカード決済との兼ね合いを調整する必要がありますが。)

というようにやっていくと、イチから入力する必要というのはなくなってくるはずです。

ただ、カン違いしてはいけないのは、データ連携ができれば経理が自動化するというのは営業トークです。

使えるようにするための最初のしくみづくりが肝心です。

データを使えるようにしごとの流れを見直す

クラウド会計に連携できるサービスには、限りがあります。

連携の対象になっていないサービスについてはどうすればいいか?

まずはネットからCSVファイルなどで取引データをダウンロードできるかどうかを確認してみましょう。

もし、取引データをダウンロードできるのであれば、Excelを使ってそれを加工し、クラウド会計にインポート(取り込む)という選択肢もあります。

Airレジの売上データ連携の問題点と解決策 PayPay・楽天ペイの売上がある場合のパターン(Excelマクロで仕訳インポート) | GO for IT 〜 税理士 植村 豪 Official Blog

CSVファイルをダウンロードできないかをチェックしてみましょう。

仮になくても、Excelに入力してインポートするという手もあります。慣れれば会計ソフトに入力するよりはやりやすいという印象です。

工夫すれば会計ソフトへの入力は減らせます。じぶんの経理でも見直しをしてみましょう。