過去の贈与税の申告内容がわからない場合の開示請求。

過去の贈与税の申告内容がわからないという場合、税務署に贈与税の申告内容の開示請求をすることができます。

相続税の申告で必要な贈与

相続税の申告をするときに、過去の贈与の情報が必要になります。

  • 暦年課税贈与なら相続開始前3年以内の贈与
  • 相続時精算課税贈与なら過去の贈与のすべて

過去の申告書をとってあればいいのですが、ときには申告書が見つからないということもあります。

過去の贈与をもらさないようにするには、贈与税の申告内容を間違いなく確認することです。

贈与税の申告内容の開示請求

相続税の申告書をつくるときに、必要なら亡くなった人の住所の税務署に、贈与税の申告内容の開示請求という手続きをすることができます。

相続人の誰かが生前贈与を受けている可能性もあるわけですが、それを他の相続人が知らない可能性もあります。

開示請求をして、該当があれば何を贈与されたかはわからないものの、合計額がわかります。

合計額がわかれば、相続税の申告には足りるので、これで問題ないわけです。

もれがないようにするためにも、贈与税の開示請求はしておくといいでしょう。

贈与税の申告をしていなければ?

贈与税の申告内容の開示請求でわかる贈与は、贈与税の申告をしたものだけ。

そのため、

  • 相続人への年110万円以下の贈与がある
  • 贈与税の申告もれがある

といった場合には、含まれません。

それらは、チェックして拾うしかありません。


メルマガ読者募集中!
独立手記「GO方見聞録」毎日配信 「相続の道も一歩から」月1配信

2021年夏。メルマガを始めます。日々の考えや体験したことをメルマガに記して発信していきます。

フリーランス・ひとり社長向け
セルフマガジン(無料送付)

独立後、自分を出すのが苦手な方向けに6年間で磨いてきてよかったスキル25個をご紹介しています。