ひとりしごと専門・相続税申告(スポット相談可)愛知県大府市に在住

仕事用のクレジットカードをつくっておこう。

    
\ この記事を共有 /
仕事用のクレジットカードをつくっておこう。

仕事用のクレジットカードをつくっておくと、経理がしやすくなります。

レシートから入力はタイヘン

経理をやるときにすべての取引を入力するのはタイヘンです。

預金のデータはネットバンクから連携し、請求書や給料計算もクラウド会計で連携することもできます。

ただ、現金払いする場合には、もらえるのはレシート、領収書。

紙の情報ならデータにするには、

  • 会計ソフトに入力する
  • Excelに入力する
  • スマホでスキャンする

といったところでしょうか。

そもそも入力を減らすためにクレジットカード決済にできないかも考えてみましょう。

クレジットカードをつくっておく

クレジットカード決済を使えるのであれば、

  • サイフからお金を出さずに手軽に支払える
  • 取引データを連携でき、イチから入力しなくていい
  • まとめて支払える
  • ポイントがつく
  • 電子マネーをつかえるカードもある

といったことがメリットになります。

現金払いしているけど、実はクレジットカード決済ができるというパターンも多いです。

電子マネーにするのもふくめて、現金払い減らしてみましょう。

なお、クレジットカード決済にしていたとしても、レシートや領収書の保管は必要です。

プライベートを混ぜない

ここでクレジットカード決済をするのは、基本、仕事につかうものだけ。

プライベートのものが入ってしまうと、経理をするのがややこしくなります。

何の取引だったかを瞬時に判断できるようにするためにも、仕事用のクレジットカードをつくりましょう。

プライベートのカードはまた別でもっておけばいいかと。

冒頭の写真にあるように、仕事用のクレジットカードはAmazonカード、プライベートは楽天カードにしています。