ひとりしごと専門・相続税申告(スポット相談可)愛知県大府市に在住

贈与税は本当に高いのか?

    
\ この記事を共有 /
贈与税は本当に高いのか?

贈与税は高いと言われています。

ただ、本当にそうなのか。考え方によるかなと思っています。

贈与税は高い

贈与税は高いと言われてます。

年間で110万円以内の贈与であれば、贈与税はかかりませんが、200万円の贈与なら、9万円も贈与税を払わないといけません。

直系とそれ以外でかかる贈与税は変わりますが、冒頭のグラフのように410万円までの贈与だと払う贈与税は同じです。

実質税率で考えると?

200万円の贈与で9万円の贈与税は、本当に高いのかどうか?

実質的な税率(贈与税/贈与額)でいうと5%。500万円の贈与でおよそ10%。
GOforIT

仮に相続税の税率が20%であったとすれば、贈与税を払ったほうが安いということはありえます。

相続税のルールには、生前贈与加算といって、相続開始前3年以内の贈与であれば、相続税の計算の対象になります。

相続開始前3年を超えていれば、贈与税を払ったあと、相続税の計算には含まれずに終わります。

速く到着するための高速料金

たとえば、1,000万円のお金を贈与したい場合、

100万円ずつの贈与なら、かかる年数は10年。ただ、贈与税はかかりません。

次に、200万円ずつの贈与なら5年。払う贈与税は9万円×5年=45万円

500万円ずつの贈与ならかかるのは、わずか2年です。そのかわり2年合計の贈与税は48.5万円×2年=97万円となります。

相続が近いなら多少贈与税を払っても速く財産を移したいという場面もあるでしょう。

いうなれば、愛知県から東京までを国道で行くのか、高速道路を使っていくのか?

高速で行くなら高速料金がかかるわけです。

そう考えると、贈与税は高速料金のイメージだとも言えます。