フリーランスのお金術。じぶんに投資する。

フリーランスになったら、退職金はもらえず、将来の保障がなくなります。

じぶんでなんとかして準備しないといけません。少しずつやっていくのがいいかなと思っています。

フリーランスには退職金がない

フリーランスにないものの1つは退職金。

サラリーマンでいたら、退職金をもらえるかもしれません。

ただ、フリーランスの場合、退職金は誰かが用意してくれるわけでもありません。

じぶんで用意していくしかないわけです。

かといって、しごとをするのにお金を使うべき場面もあります。

じゃあ、そのお金をどうするか。

できる範囲で少しずつはじめるのがいいかなと考えています。

どうやってお金を貯めるか?

フリーランスとしては、節税しながらお金を貯めることができます。

小規模企業共済やiDeCo(イデコ)では掛金全額を所得税の計算でマイナスできるので、節税をしながらお金を貯めることには向いています。

2つの違いは、どう運用するかをじぶんできめるかそうでないかという点。

iDeCoはじぶんでどういう運用をするかを決めます。運用益と売却益は非課税ですし、運用益を再投資することでお金は貯まりやすくなります。

なので、リスクをとれば、お金は増えやすくなります。その逆もありますが。

わたしは年齢も考えて、iDeCoでは多少リスクをとって運用しています。注意点としては、60歳までは原則お金を出せないということでしょうか。

小規模企業共済は年払いできますが、iDeCoは月払いのみです。それが少しずつにはあっています。

あとは、つみたてNISA。

掛金は年間40万円限度で最長20年。毎月33,000円ほどを積み立てていき、iDeCoと同様に運用益や売却益は非課税です。

運用益を再投資することで複利効果もあり、お金を貯めやすくはなります。

ただし、掛金は税金の計算ではマイナスできません。

それ以外にもリスクをとって、運用できる商品はありますが、まずは節税しつつお金を貯めることを目指したいものです。

じぶんに投資する

お金をどこに使うかを選べるのは、フリーランスのメリットでもあります。

であれば、じぶんへの投資もやっておきたいものです。お金だけでなく時間を含めて。

ずっと仕事ばかりしていては、その時間はもてません。

フリーランスはじぶんが商品。スキルを上げることも欠かせません。

スキルや体験したことを商品にし、売上につなげるといったこともできます。

プログラミングをやったり、HPをつくる、ブログを書くといったことに時間を使うのも、じぶんへの投資という意味合いをもたせています。

将来のお金を貯めるにしても、その財源は必要なわけで、そのエンジンとなるのは、じぶん自身です。

そして、お金の動きを見ておくことも必要です。わたしは冒頭の写真、マネーフォワードMEで毎日お金がいくらあるかを記録し、チェックしています。

フリーランスは、じぶんで用意する分、お金術は身につけやすいというメリットもあります。


ABOUT US

植村 豪ひとり税理士・ひとり社長・Macユーザー
相続税の申告やひとり社長・フリーランスのひとりしごとなどをサポート。スポット相談、個別コンサルティング、クラウド会計の導入コンサルなどを提供。著書に「十人十色の『ひとり税理士』という生き方」(共著)