「経費になる、ならない」を説明できるのは誰?

経費になるかならないか?

それを説明できるのは、じぶんだけです。

経費になるかどうか?

じぶんで経理をしていれば、経費になるかならないかというのを考えたことがあるでしょう。

経費にできれば、そのぶん利益が減って、税金も減ります。

経費にならなければ、税金の計算にはいっさい影響しません。

その違いは大きいです。

そのためにレシートを日々集めて、経費になるものをキッチリ経理するわけです。

そのときには、経費になるかならないか? というのを判斷します。

レシートには、買ったものの内容や日付、お店の名前などは載っているのですが、そこに載っているのは取引したという証拠にすぎません。

そのレシート1枚のストーリーは誰もしらない

経費になるかどうかを判斷するのはカンタンではありません。

それを誰かに聞いて、経費にするかしないかというのを決めているような場合もあるかもしれません。

ただ、その手にするレシートは取引の証拠に過ぎないということです。

なんの説明もなく、レシートだけ見て、経費になるかならないか?を判斷できる人はいないでしょう。

会計事務所にお願いしているから大丈夫、という方もいるかもしれませんが、会計事務所だって、レシート1枚を見て、判斷なんてできません。

レシートを見て、その都度聞いてくれればいいですが、それ以前に「これは経費じゃないよね」とサラッと判斷しているというケースもありえます。

「そのレシートの中にプライベートで買ったものも混じっているのか?」

「何のために買ったのか?」

レシート1枚を見てもその裏にあるストーリーまでは他人にはわかりません。

結局のところ、じぶんで判断できるようになるしかありません。

そんな背景もあって、わたしは、お客さまからレシートを預かって会計ソフトに入力するというしごとはやっていません。

じぶんで経理をやっていただき、経理のしくみをいっしょに考える、数字の見方を伝えて、苦手意識を減らしていただくというのがしごとです。

経費になるならないかのトレーニング

経費にできないものを経費にするのはまちがいです。

結果、申告が間違っていることになり、払う税金も足りませんから、忘れた頃に税務署からおこられるかもしれません。

わざと経費を増やすのは脱税です。やったらだめなやつです。

たとえば、プライベートのものをAmazonで買ったのに、経費にするというようなのはやめる、ということです。そういうこと一度をやると、利益もあてになりませんし、その魔界の沼からは二度と抜けだせなくなります。

そういうことがないように、日頃からじぶんの判斷の軸をみがいておきましょう。

いっぽうで、経費にできないと思っていたら、実は経費になるものだったというケースもありえます。

が、これは痛すぎます。避けるべきでしょう。

たとえば、年末(年度末)を過ぎてから払っていても、その年(その年度)に利用したサービスなら未払金として経費にすることができます。

経費になるものを経費とする、経費にならないものは、ぜったいに経費にしないと判斷できるようにトレーニングをしましょう。

ポイントは経費になる理由、仕事に関係ある支払いだという理由が説明できるかどうか?

それができるなら、どうどうと経費にすればいい。

「友人は経費にしていないって言ってたから。」と気になることがあるかもしれませんが、友人とやっているしごとが違っていれば、経費になるかどうかの判斷もまったく違ってきます。

「しごとに関係あるかどうか?」

経費になるかどうかの判斷に迷ったら、これを自問自答してみましょう。

じぶんで経理をやっていれば、その判斷スキルもみがかれます。

ここまでの話を踏まえて、「冒頭の写真は経費にしたの?」と気になっているかもしれませんね。

今回は子どもの好きなフラペチーノを買っただけなので、経費にはしません。

まぁ、レシート(というかメール)だけ見てもわからないんですけど、そこは日頃から軸を磨いていますから。


ABOUT US

植村 豪ひとり税理士・ひとり社長・Macユーザー
相続税の申告やひとり社長・フリーランスのひとりしごとなどをサポート。スポット相談、個別コンサルティング、クラウド会計の導入コンサルなどを提供。著書に「十人十色の『ひとり税理士』という生き方」(共著)